×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

貿易事務の仕事に欲しい資格とスキル

貿易事務の仕事

貿易事務,仕事,欲しい,資格,スキル,

貿易事務の仕事は、一般事務と業務が似ている事から、一般事務を希望する人でも就業出来ると考えられていますが、仕事内容を見ると、一般事務のスキルだけではこなせない部分もある事が分かります。

 

貿易事務の仕事は、商社や商品卸業などの輸出入に関する業務を行う企業を中心に、ニーズが急増している仕事となっており、内容は、輸入と輸出で異なっています。

 

 

輸出業務においては、輸出通関手配、通関書類作成、本船ブッキング、L/C買い取りなどがあります。輸入業務においては、輸入通関手配、関税・消費税納付、商品の納入管理などがあります。

 

その他に、受発注、運送便手配、倉庫手配、代金の回収と支払い、利益計算などの仕事があります。つまり、貿易事務の仕事は、データ処理や入力、管理、電話応対、雑用といった一般事務に似た仕事から、各種手続きの補助といった専門的な知識を必要とする仕事となっています。


必要な資格とスキル

貿易事務は、貿易業務を主とする企業での仕事になりますから、貿易に関する用語が飛び交います。つまり、必ず必要になるスキルは、貿易用語などの専門知識という事になります。また、貿易そのものの知識も知っておかなければなりません。その他に、外国為替、船積み、保険、法律、経済の知識も必要とされています。

 

また、取引先は、海外企業や海外に拠点を持っている企業が多いのが、貿易業界の特徴です。ですから、そういった取引先の国における言語スキルは必要となってきます。英語力は、実用英語技能検定、いわゆる英検においては1級以上、また、TOIECにおいては600点以上の能力が必要とされています。更に、中国や韓国、その他の貿易が盛んに行われている国の言語スキルも持ち合わせていると、尚一層良いという事です。

 

 

そして、貿易において、海外から届いた荷物を国内市場に受け入れる為に必要な保管、申告、検査、関税納付、許可などの手続きを行う事の出来る通関士の資格も必要とされています。また、貿易実務検定試験という、貿易に関する知識能力を判定する検定試験があり、こういった資格も持っておくと良いと言われています。

 

更に、現代社会において、データ処理を行っているという傾向から、OA機器スキルは持っておく必要があるでしょう。

貿易事務のニーズ

貿易事務が活躍する業界は、メーカー、商社、船舶会社、乙仲となっています。船舶会社においては、会社が船を所有し、それを運用して貿易を行います。乙仲は、仲介業務を行います。貿易を行う企業でのニーズがあります。また、近年においては、グローバル化に伴い、海外進出をしている企業や海外に法人を設立して活動を行う企業もあり、貿易に関する企業のみならず、海外との結びつきのある企業においても、貿易事務のニーズが増えてきています。

 

貿易事務は、一般事務と同様、多くの企業において求人情報が絶えない職種とされています。また、正社員としての採用が減少しており、派遣社員のニーズが増えてきているのが、近年の傾向となっています。そのため、貿易事務においても、派遣社員として採用され、企業で働くというパターンを取っている企業が多いという事です。更に、その派遣の形も、長期の派遣期間を希望している企業が多く見られる事から、貿易事務は、紹介予定派遣での派遣を勧めている職種の1つとなっています。

 

貿易事務の時給は、派遣会社や地方によって違いますが、相場としては、関東で1650円前後、1番安い北海道で、1180円前後となっており、一般事務に比べると、やや高めとなっています。貿易事務は、多くのスキルを持ち合わせた専門職にも似たところがありますから、時給にも反映されているのだと考えられます。

 

更に、多くのスキルや資格を持っている貿易事務は、あらゆる方面の知識に長けている事もあり、キャリアアップの見込める職種とも言われています。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


未経験の歓迎

貿易事務の仕事は、貿易に関する知識や、それに関する資格、一般事務と同様のスキルなど、多くのスキルや資格を有している事が必要とされている事もあり、未経験では採用されないのではないかという不安が生まれてくるかもしれません。しかし、貿易事務において、未経験の人でも歓迎される場合があるという事です。

 

貿易事務において、必ず必要とされる最低限のスキルは、エクセルを使いこなせる事と、英語力です。必ずしも、目に見える形、つまり、英検1級やTOIEC600点以上であるという数値を見せる必要はないということです。これらの数値はあくまでも判断の目安になるものであり、面接時にそれに相当する能力を見せれば、数値は必要ありません。また、仕事内容から、一般事務同様、特別変化を伴ったものではありません。一度仕事内容を覚えてしまえば、後は順応していくだけとなっています。こうした点から、貿易事務でも、未経験者の受け入れをしている企業が多く存在しています。

 

しかし、やはり仕事内容は難しいものとなっており、即戦力を必要とする企業においては、経験者や、スキルや資格を多く持った貿易知識に長けている人材を求めていますから、未経験者歓迎の割合は、全体の約3割に留まっているのも現状です。

 

こういった事から、貿易事務は、貿易に関する知識を多く持っている人材や、OA機器や英語力に優れている人材においては、未経験でも採用され易く、更に、近年のグローバル化傾向から、しばらくは、求人情報も絶えることなく扱われると考えられます。

派遣会社

貿易事務は、一般に、どこの派遣会社においても扱われている職種です。一般事務などと同様に扱われており、オフィスワークや事務といったくくりで示されています。

 

リクナビ派遣においては、仕事カタログというコンテンツにおいて、扱っている職種の仕事内容や必要なスキルと資格、時給比較、仕事の特徴といった関連項目情報を掲載しています。また、リクナビ派遣は、口コミ評判でも1位を取るなど、評判の良いと言われているリクルートが運営しているサイトとなっており、扱っている求人情報数も、関東だけで353件と多いのが特徴となっています。

 

また、アデコでは、世界60カ国7000エリア以上に拠点があり、日本においての貿易事務に留まらず、海外への派遣社員として、グローバルに活躍出来る場が用意されているのが特徴となっています。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


 

貿易事務の仕事に欲しい資格とスキルエントリー

貿易事務の仕事


必要な資格とスキル


貿易事務のニーズ


未経験の歓迎


派遣会社


リンク

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21 

リンク

22  23  24  25  26  27  28